世界各国で承認されている薄毛治療薬が熊本のクリニックにあります

近年の遺伝子研究により、遺伝による薄毛治療・発毛治療に有効な「飲み薬」が開発されました。当院で処方する内服薬は世界60か国で承認されている、世界で初めて医師が処方する脱毛症用の内服薬です。1日1錠、服用することで抜け毛の原因であるDHTの発生を抑える効果があり、男性型脱毛症(AGA)による抜け毛を抑えることが可能です。
引用:https://kaji-mens.com/medical/usuge

男性型脱毛症とは?

AGAとは男性型脱毛症を意味します。成人男性に多くみられる脱毛の症状です。
主に生え際や後頭部から薄毛が進行し、ほとんどの場合は最終的に同じ形へと変わっていきます。男性ホルモン(テストステロン)の影響がAGAの大きな原因であり、AGAは進行性のため、放置し続けると抜け毛は進行し、頭部がうすくなります。健康状態や年齢に関係なく抜け毛が進行していくため、薄毛の進行を抑えるためには早めの治療が大切になります。

コメントを残す

(*) Required, Your email will not be published